So-net無料ブログ作成
検索選択

国際P2M学会春季研究発表大会(4/18):IAP2M Spring Conference 4/18/09 [Report]

国際P2M学会春季研究発表大会(4/18):IAP2M Spring Conference 4/18/09

テーマ「P2Mコンセプト:Version 2.0」:Main Theme "P2M Version 2.0"

吉田邦夫学会会長による開会の挨拶と山本秀男教授のP2Mに関する基調講演
President Yoshida's Opening Address & Prof. Yamamoto's Speech on P2M
90418a6.jpg 90418b7.jpg

4月18日に港区芝浦のキャンパス・イノベーションセンター東京において、IAP2M(国際プロジェクト・プログラムマネジメント学会)の2009年度春季研究発表大会が開催された。今回のメインテーマは、「日本発信の仕組P2Mコンセプト明確化と発展的展開:イノベーションを促進し、競争力再生と人材育成に貢献する」。
まず、吉田邦夫学会会長(東大名誉教授)が開会挨拶で、本学会のNPO法人化と学会誌の電子情報化の必要性に言及された。
次に、山本秀男教授(中央大)が、「P2Mコンセプト:不確実な環境下の価値創造プログラムマネジメント」という題名で基調講演を行った。そこで、過去数か月にわたって委員会で議論を重ねてきた「P2M Version 2.0」のコンセプトについての説明がなされた。ここで、「Version 1.0」と「Version 2.0」の違いは、前者と違って、後者は組織内外の不確実な状況を明示的に考慮に入れることで、プログラム・マネージャーが、Version 1.0でカバーされるような通常のリスクの下でのプログラムの価値の設定と評価の役割に加えて、不確実性の下での価値創造や評価およびリスク最小化の方法について組織のオーナーにフィードバックすることの重要性を強調することである。

ワークショップ:左から吉田教授、小原教授、亀山教授、武富教授、山本教授
Prof. Yoshida, Prof. Ohara, Prof. Kameyama, Prof. Taketomi & Prof. Yamamoto
90418c7.jpg 90418d7.jpg

基調講演を受けて、「P2Mコンセプト」についてのワークショップがあり、コーディネーターは吉田邦夫教授、パネリストは小原重信教授(東京農工大)、亀山秀雄教授(東京農工大)、武富為嗣教授(日本工業大)および山本秀男教授。ここでパネリストは、参加者の色々な質問に答え、意見交換を行うことで、「P2M Version 2.0」のコンセプトの明確化に努めた。

様々な分野から見た「P2M Version 2.0」に関する質問をぶつける参加者たち
Paricipants Asking Questions About "P2M Version 2.0" From Various Angles
90418e7.jpg 90418f7.jpg

その他、午前と午後を通じて、「P2Mコンセプト」に関する個別セッションがあった。なかでも興味深い議論として、木下俊彦教授(早大)が、現在起こっているグローバルな規模での金融危機によってパラダイムシフトが起こっているときには、コンセプトだけでなく、ミッションそのものを見直すべきであると主張、そして日本の「エクセレント会社」モデルを再検討して、現在の危機に対応できるような有効なモデルを構築することを提案した。同じセッションで、小松昭英教授(静岡大)は、コントラクターの立場ではなく、オーナーの立場から見たプロジェクト・プログラム・プラ二ング・マネジメントのフレームワークを提示した。

「P2Mコンセプト」に対して基本的な問題提起を行う木下教授(左)と小松教授
Prof. Kinoshita & Prof. Komatsu, Asking Fundamental Questions About P2M
90418g7.jpg 90418h7.jpg
参考:
IAP2Mウェブサイト:http://www.iap2m.jp/
国際P2M学会秋季研究発表大会:IAP2M Fall Conference 2008:
http://glocom.blog.so-net.ne.jp/2008-09-20
国際P2M学会春季研究発表大会:IAP2M Spring Conference 2008:
http://glocom.blog.so-net.ne.jp/2008-04-27

(English)
The 2009 Spring Conference of IAP2M (International Association of Project & Program Management) was held at CIC (Campus Innovation Center) in Shibaura, Tokyo, on April 18. The general theme for the conference is "Clarification and Further Development of the Japanese-Based Concept of P2M: To Facilitate Innovation and Contribute to Competitive Resurgence and Human Resource Development"

IAP2M President Kunio Yoshida (Emeritus Professor, University of Tokyo) delivered his opening address, mentioning the necessity of making the Association an NPO corporation and its journal to be published online.
Following the opening address, Professor Hideo Yamamoto (Chuo University) gave a keynote speech entitled "P2M Concept: Value-Creating Program Management in Uncertain Environment" to explain the concept of "P2M Version 2.0" based on extensive discussions at his committee for the last several months. One of the main differences between P2M Version 1.0 and Version 2.0 is that unlike the former, the latter takes explicit account of uncertain conditions outside and inside the organization, and emphasizes the importance of the program manager's feedback to the owner of the organization regarding value creation and evaluation as well as means for risk minimization, in addition to the tasks covered by P2M Version 1.0, that is, those of program management for value settig and evaluation under calculable risks.

Then, a workshop was held on this topic "P2M Concept," where the coordinator was Prof. Kunio Yoshida and the panelists were Prof. Shigenobu Ohara (Tokyo University of Agriculture & Technology), Prof. Hideo Kameyama (same university), Prof. Tametsugu Taketomi (Nippon Institute of Technology) and Prof. Hideo Yamamoto. The panelists tried to answer various questions by participants and useful exchange took place between the panelists and the participants to clarify the concept of P2M Version 2.0,

There were a number of individual sessions in the morning as well as in the afternoon, focusing on the revised concept of P2M. In particular, Prof. Toshihiko Kinoshita (Waseda University) pointed out that not just "concepts" but "missions" should be reconsidered, as a paradigm shift is occurring due to the current financial crisis on the global scale. He proposed to review the Japanese "excellent company" model so as to make it effective in dealing with the current crisis. In the same session, Prof. Akihide Komatsu (Shizuoka University) presented a framework for project & program planning management from the viewpoint of the owner rather than the contractor.

References:
IAP2M (in English): http://www.iap2m.jp/english_index.html
IAP2M Fall Conference 2008:
http://glocom.blog.so-net.ne.jp/2008-09-20
IAP2M Spring Conference 2008:
http://glocom.blog.so-net.ne.jp/2008-04-27
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る